浮気調査 3時間39.800円👧無料👦探偵体験

👧離婚問題・不倫してる旦那は″妻からモラハラを受けてる″と主張する👦安い探偵(大阪)

🐱トラブル調査


探偵費用は、大阪の安い探偵事務所なら安心です。お気軽に相談ください。相談無料です。

″探偵ブログ″

👦アスト探偵事務所

eb2d921d4d6115c9f69cbc84ad9adf2f 2

アスト探偵事務所の乾と申します。よろしくお願いします。


探偵任せるのが成功の秘訣です!  

無料相談 

下記をクリニック


2022年1月23日 出来事。👦おすすめの探偵事務所。

もしもあの時こうしていれば……。

もしもあの時こうしていれば……。恋愛や結婚、就職、転職、金銭関係など、過去を振り返ってみれば、誰でも後悔のひとつやふたつはあるはずだ。やり直しはきかない。我々は“経験”から学び、今を生きねばならないのである。では、市井の人々が胸に抱える「人生最大の失敗・後悔」とは? そして、その出来事から得た教訓とは? 何かしら参考になる部分もあるかもしれない。 (以下よりライター金子睦雄氏の寄稿)  

「結婚は人生の墓場」とはよく言ったものである。僕もかつて結婚していたことがあるのだが、言葉の暴力や浮気など、妻からのモラハラが激しく、その結婚生活は苦しみに満ちていた。が、結婚自体を後悔したことはなかった。結婚したおかげで2人のかわいい子供に出会えたからである。僕が今でも後悔しているのは、離婚したときにその親権を手放してしまったことだった。

◆家庭内は常にピリピリとした空気  妻の僕に対するモラハラは結婚してから年々激しさを増していった。夫はこうあるべきという理想像を僕に押し付けてきて、僕がそこから少しでもはみ出した行動をすると、すぐにヒステリーを起こした。日常の些細なことですぐに怒りに火がついた。たとえば、僕がトイレのドアをちゃんと閉めずに用を足しただけでも、キーッと顔を真っ赤にして「生きる価値のないクズ!」などと罵倒してくるのだ。  

そのうち僕のほうも妻に対して暴言を吐くようになっていった。あるとき、食事中に妻が箸をテーブルからポロリと落とした。それに対して僕はこう怒鳴った。 「おまえは箸をちゃんと持つことすらできないのか! 今までいったいどういう生き方をしてきたんだ、このボケ!」  

本来の僕は間違ってもこんなことでキレるようなタイプの人間ではなかった。が、妻が些細なことで僕にキレてくるのであれば、僕のほうもこれくらいの些細なことで彼女にキレてやらなければ釣り合いが取れないと思ったのである。  

お互いの一挙手一投足を監視し、相手になにかしらの不手際を見つけては怒鳴り合うという日々が続いた。そのため、妻といっしょに家にいるときは常に戦場のようなピリピリとした空気が漂い、心の休まる時間なんてなかった。

◆深夜酔っ払いながら帰宅した妻  そんなある日のこと。ついに僕の我慢の一線を越えてしまう出来事が起こった。  時刻は深夜の1時頃。僕は自分の部屋でパソコンで小説を書いていた。それは仕事ではないのでまったくお金にはなっていなかったのだが、それでもライフワークとしてずっと続けていきたいと思っていた。  

玄関ドアの開く音が聞こえた。妻が帰ってきたようである。彼女は会社勤めをしていたのだが、その帰りに飲むことが多く、帰宅がこれくらいの時間になることは珍しくなかった。その足音は僕の部屋のほうに向かってきていた。そしてドアがバンと勢いよく開くと、そこに顔を赤く染めた妻が立っていた。 「なんだ、おまえ。酔っ払ってんのか」 「なにしてたの」 「おまえに関係ないだろ。あっち行けよ」 「なにしてたのって聞いてんのよ」  

彼女はそう言って僕のパソコンの画面を覗き込む。そしてふんッと鼻を鳴らして言った。 「また小説なんて書いてたんだ?」 「だから、おまえに関係ないだろって」 「バカじゃないの。どうせそんなのを書いたってなんにもならないのに」  

彼女のその言葉に全身の血がざわめいた。「おまえ、今、なんて言った?」 「どうせそんなのを書いたってなんにもならないって言ったのよ。もっとちゃんとお金になることをやりなさいよ! だから、あなたはクズなのよ!」 「てめえ……」  

僕は拳をぎゅっと握りしめていた。妻の顔面を本気でぶん殴りたくなっていた。僕にとっていちばん大切なものを虚仮にされた。それは酒に酔ったうえでの失言としてもとても許せるようなことではなかった。

旦那からひどく傷つけるような言葉を言われたら、まずは身の安全を確保する。

「モラハラ」とういう言葉を、ご存じだと思うが、わたしも実際、奥さんたちからよく聞くんだが、どういう状況なのか、ちょっとここで詳しく見ていきたいと思う。

旦那からひどく傷つけるような言葉を言われたら、まずは身の安全を確保することに努めまして、安易に抵抗するような言葉は避けましょう。旦那を過度に刺激してしまうと、暴力をふるわれる危険性があります。とりあえず、その場は身の安全を最優先にしてください。

DVと呼ばれる、身体的な虐待というのは旦那から殴ったり蹴ったりされる行為をいいます。それに対して、手は出さないにしても、言葉で精神的な虐待をするケースがあります。それをモラルハラスメントと言いまして通称モラハラと言われています。

DVとモラハラは、奥さんを精神的・肉体的に虐待する行為であり、どちらにせよ身に危険が及ぶ可能性が高くなりますから、身の安全を確保することを最優先にして、旦那を過度に刺激せずに、その場から離れるようにしましょう。子供さんがおられるなら、なお更です。

ソース画像を表示

どういった原因からそうなったのか。具体的にわかっておられるなら、その原因を解消すればそういった行為は収まるとは思いますが。しかし、原因がよくわかっていないケースも多いですから、その場合はひとまずは、大人しく引き下がる方が無難です。 旦那を刺激するような言葉をいいますと、さらに、その行為が悪化する可能性が高くなります。

そうなると、夫婦だけで問題を解消するのは難しくなります。もし仮に、旦那から暴力をふるわれたならば病院で診てもらいましょう。その場合、今後のこともあるので、診断書をもらっておくようにしましょう。 また、暴力がだんだんひどくなるようなことがありましたら、ちゅうちょせずに、110番通報をしましょう。

自分で何とかしようと思っても、そんな場合はどうにもなりません。警察に来てもらって処置してもらう方が話しは早いですし、旦那の暴力の抑制にもつながりますのでおすすめです。

状況を見てからにはなりますが、奥さんでは手が付けられないと判断されたならば、とりあえあず、別居しましょう。子供さんがおられるならば、子供さんも連れてです。そんな危ないお父さんには、子どもの面倒なんかはみれないからです。子供さんもお母さんと一緒の方が安心できますからね。

原因を探ったり、解決策を考えたりするのは、別居して落ち着いてからで大丈夫です。相手は旦那です。住所も氏名も、勤め先もわかっていますから、対処の方法はいくらでもありますので心配しなくても大丈夫です。

とりあえず、実家のご両親に現状を伝えて相談してください。 赤の他人が、旦那と奥さんの間に入るよりも、お二人をよく知る両家のご両親に間に入ってもらうことが解決に一番近い方法になります。実家には心配をかけたくないと言われる奥さんも見受けますが だんだん悪くなってからでは遅いです。こういう問題は浅いうちに解決した方がいいですので、両家のご両親に相談することをおすすめします。

ソース画像を表示
アドバイス

間違っても、探偵社や弁護士に相談しないことです。高い費用をとられて、旦那に探偵社や弁護士を雇ったことが知れたら、火に油を注ぐことになるだけです。まずは、両家のご両親に相談してください。身体に異常があるならば病院で治療を受けましょう。そして、ひどくなるようでしたら、警察・自治体に相談しましょう。専門の方がおられますので安心して相談できますのでおすすめします。

奥さんから、良くある質問の中で、モラハラに関する質問も非常に多い。

奥さんから、良くある質問の中で、モラハラに関する質問も非常に多いのだ。夫婦生活で起きたモラハラは、事の本質をよく見ていかないと見誤る場合がある。とりわけ、わたしはいつも、裁判になった場合を想定して、原因と現状さらには被害の深刻さを見極めていくようにしている。  

夫婦間の問題やトラブルには、浮気や不倫が原因で離婚騒動になってる場合があるが、よく見ていくと、その本質の中に「モラハラ」が潜んでいる。つまり、モラハラが発端で、浮気や不倫騒動になるということをいいたいわけだ。単なる浮気や不倫と思ってたら大きな間違いだ。  

旦那の浮気や不倫をやめさせたいと思うなら、原因が「モラハラ」にあると気づき、このモラハラを解消しなければ、旦那の浮気や不倫はいつまで経っても治らないのである。しかし、結婚する前はどうだったのか。まさか、モラハラだとわかっていたら、奥さんは絶対に結婚してないハズだ。  

ということは、結婚後、旦那のモラハラが始まったと考えるしかない。どういった経緯があったのかはわからないが、突然始まることも多々あるし、当事者の奥さんしかわからない部分である。わたしが言いたいのは、浮気や不倫ばかりを気にされる奥さんがほとんどなんで、本当は、「モラハラ」が原因でそうなっているといいたいわけだ。  

そして、重要なポイントをお話しすると、調停離婚や裁判離婚へと発展してしまうと、旦那が主張してくるのは「モラハラ」。つまり、旦那側は、奥さんからモラハラを受けたと主張してくるわけだ。なんとも、不思議な展開になるということだけは知っておいてほしい。

ソース画像を表示

浮気調査について疑問や不安な点がわかり、今までより少しは探偵事務所に抵抗がなくなったのではないでしょうか?

これからも読者の皆様にとって、読みやすいブログにしてまいりますので、ぜひまた、アスト探偵事務所のブログにのぞきに来てくださいね!

今後ともよろしく

お願いします。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。


お母さん!頑張ってね


浮気を見抜く方法


はじめての探偵

メリットとデメリット


探偵選び~調査完了

までの流れ


探偵のテクニック


人柄を見抜く方法


請求できる?

請求できない?


6de70b5c929dd663ac23fd261b58addf 1

アスト探偵事務所

92677d139d4a69ec4f45696b0fd5c592

所在地 〒540-0025 大阪市中央区徳井町2-2-14徳井ビル303

電話番号 06-6809-5214 FAX番号 06-6809-5216

フリーダイヤル 0120-044-322

メール info@astotantei.com

公安委員会 第62130955号

重要事項説明書

公安委員会 

第62130955号

コメント

👦3時間無料お試し👧はコチラ
👦3時間無料お試し👧はコチラ
👦3時間無料お試し👧はコチラ
👦3時間無料お試し👧はコチラ
タイトルとURLをコピーしました