浮気調査 3時間39.800円👧無料👦探偵体験

人柄調査【完全ガイド】👧結婚👦に役立ちます!

🐱人柄調査

″探偵ブログ″

👦アスト探偵事務所

eb2d921d4d6115c9f69cbc84ad9adf2f 2

アスト探偵事務所の乾と申します。よろしくお願いします。

「人柄調査」の授業を始めます。👦おすすめの探偵事務所

結婚する前人柄調査しましょう

幸せになるために 

彼のために 

自分のために


ZARDの曲を聴きながら読んでくださいね


みなさんはご存知だろか。「人間性」という言葉の意味。何となくイメージできても、説明してほしいといわれたら説明できるだろうか。漠然としていてよくわからないという人もいるのではないかな。そこで、今回は「人間性」について勉強しようと思う。

人間性の意味

「人間性」とは「生まながら備わっている本質」のことである。容姿などの外見を指すのではなくて、内面を意味しており、その人の「本性」を指すわけである。学歴や役職、立場といった社会的な地位も関係しない。

具体的には「思いやり」「気遣い」「愛情」など人間として生まれながら備わっている内面を指すわけである。このような内面的要因をどの程度備わっているかは人により異なるわけである。

常日ごろから周囲の人を気遣い、思いやる人ほど「人間性」が高いとされており、好かれる傾向にあるというわけである。

「人柄」の意味

人間性は「人柄」とよく似ており、同じ意味だと思われがちであるが、厳密には異なる。

人間性は「生まながら備わっている本質」であり、他人の主観で変わるものではない。そのため、本来は優れている、劣っているといった評価は付けられないものではあるが、言動などから評価されているのが現実である。

一方、人柄は「その人がもつ性質』を表す言葉であり、他人によって優劣を付けられるというのが、「人間性」とは違う点である。

人柄は生まれながら備わっているものではないため、「なりたい自分」を演じることもできるわけである。上辺だけ取り繕うことで、他人からの評価を得ることもできるのである。

人間性が高い

あなたの周りでも「人間性が高い」といわれる人がおられると思う。それでは、どういったタイプの人が「人間性が高い」といわれてるのか、詳しく見ていこう。

感情をコントロールできる

人は感情を表に出しやすく、喜怒哀楽により多種多様な感情を表すわけである。そして、人間性が高い人は感情を上手にコントロールできるのである。

さらに、コントロールが難しいとされる「激怒」の感情は、時にはその人の評価の対象になったりするわけである。

その時の雰囲気で、声を荒らげてしまったり、露骨な態度になってしまう人もいるなかで、気分を害しても沈着冷静に対応する人は、周囲から一目置かれる人なのである。

いかなる状況でも沈着冷静に対処できる人は、客観的に、自分の置かれている状況を見られる能力も持ち合わせているわけである。

水に流せる

過ぎ去ったことをいつまでも根に持つ人もいるなかで、さらっと水に流せる人は、心の寛大さを持ち合わせているのである。どのような場合でも感情をコントロールするのは難しいし、そう簡単にはいかないケースも多いのである。

しかし、思わぬトラブルに遭遇したとき、その人の真価が問われるケースもある。そのときこそ、沈着冷静に対処できる人と、何で?私が「こんな目に遭わなくてはいけないのか」と怒りが収まらない人もいるわけである。

そうしたなかで、人間性の高い人は「誰にでも間違いはある」「自分にも非があったのかもしれない」と割り切れるのである。

過ぎ去ったたことを″さらっと水に流せる″寛大さを持ち合わせているので、プライベートでも仕事でも人から好かれることが多いのである。

価値観の違い

その他として、人間性の高い人は″人それぞれであり″考え方や意見が違うのは当たり前というように、価値観の違いを受け入れられる人が多いのも特徴である。

人の価値観は、生まれや育ち、たどってきた環境、長年の経験などから築き上げられてきたわけである。そのため、他人の価値観を理解して受け入れるというのはそう簡単にはいかないものである。

要するに、親子や兄弟であっても価値観が合うとは限らないのである。ところが、子どもに対して″自分の価値観″を押し付けてしまう親もいるわけである。

自分の考えと、反する考えを持つ人に対して「あの人はおかしい」と否定してしまう人もいるわけである。

しかし、人間性の高い人は、「他人は他人」「自分は自分」と区別して考えられる。自分の意見は意見として持ちつつ、他人の意見も受け入れられる。

人間性を疑われる

それでは、ここからが問題なのである。そうしたら″人間性を疑われタイプの人″とは、いったいどういうタイプを指すのか? ここに紹介する特徴が当てはまる人がいるならば、見直す機会にしてもらえばいいわけである。

基本的なマナー

それは″マナー″である。法律で規制されてなくても社会で順応していくためには、人として最低限遵守守しなければいけない″基本的なマナー″がある。その基本的なマナーを遵守できない人は″常識がない人″とレッテルを張られ、人としての本質を疑われるハメになる。

要するに、マナーの悪い人は″電車やバスで優先席を必要としている人″がいるのに席を譲らない。さらに、マナーの悪い人は″タバコやゴミのポイ捨てをする人″である。そして″約束を平気で破る人″もマナーに欠けている。

その他、プライベート以外でも、職場や学校、施設で気をつけなければならないマナーもある。具体的には、あいさつをしない、礼儀に欠けている、無断で休む、大声で話す、スマホが禁止されているのに使用する、マスクをしない、などなど。

不機嫌な態度

不機嫌な態度で、イライラしてしまう人も″人としての本質″を疑われてしまう。雰囲気をよまない人、落ち着きのない人、すぐにイライラする人、いますよね。

こういった人は周りに迷惑をかけているとは、わかっていない。中には、注意されて″逆ギレする人″もいる。はたはた迷惑な人なのである。

特に、職場や学校などでそのような態度を頻繁に取ってしまう人は、周囲に与える影響を考えていない″最低な人″だといえる。

不機嫌な人がいると、その場の空気が悪くなり居心地も悪くなる。話しかけづらくなるし、トラブルになったりするわけである。人としてのキャパシティの無さが露呈してしまい″人間性が低い人″と思われる。

責任感

自分の非を認めず″責任を他人になすり付ける行為″は、人間性を疑われる行為である。理不尽なことを平気でいう人は″責任逃れしよう″と思っているからである。上司と部下の関係でよく見られる。

言い訳ばかりして″決して非を認めない人″は、不機嫌な態度をとって周囲に不快感を与えることも珍しくない。

そういった人は″自分を正当化する人″に多く見られる。そのため、他人を傷付けることもいとわない人といえるのである。人としてあるまじき行為であり、決して容認されないのである。

人間性を見抜くポイント

人間性は、日頃の言動の端々に垣間見えることができる。それでは″人間性を見抜くポイント″を3つ紹介しよう。

話しを聞くときの態度

見抜くポイントの一つが、話しを聞くときの態度である。相談してるときに、親身になって話しを聞いてくれる人であれば″人間性の高い人″だといえる。

人の話しを親身に聞けない人は、自分にとって得にならない話しには不機嫌になる。そうした″自己中心的な人″に多い特徴がある。

周囲の出来事に意識がいって注意散漫となり、人の話しをよく聞いていない。相手が話しているときにスマホを見たりと、態度やマネーが悪い。

目線を合わそうとしても、うまく合わせない。それは″他のことを考えながら話している人″に多い特徴なのである。

また、このようなタイプの人は、人の話しは親身に聞かなくても″自分の話し″を親身に聞いてもらえないと不機嫌になる。

愚痴や悪口

愚痴や他人の悪口。この頻度でも″その人の本質″を見抜ける。たとえ内容が本当のことであったとしても、ネガティブな話しをしてくるわけである。

要するに、その場にいない人の陰口を平気でする人は、人となりが見えるだけでなく、それを聞いてる人や周囲の人からも″人としての評価″を下げる。そして、信頼性を失う原因になる。

愚痴や悪口を言う理由は本人しかわからず、ストレス発散のはけ口の場合や、悪いという認識に欠けている場合がある。

いずれにせよ、愚痴や悪口の対象となっている人の気持ちや、不愉快な話を聞かされる人の気持ちを考えていない自己中心的な行為といえる。

周囲への対応

人によって、自身の態度を変える人、どういった話しをしているか、そうした対応からでも見極める判断材料となる。例えば、職場なら、目上の人と目下の人への態度があからさまに違う人は、周囲からの信頼が薄い傾向にある。

逆に、部下や後輩に対しても態度を変えずに接する人は、評価が高い。

要するに、何らかの理由で周囲から煙たがられている人は、みんなから素っ気ない態度を取られがちである。そのような人に対しても態度を変えず普通に接する人は、″人間性の高い人″だと思われる。

また、自分好みの異性の前では″ガラッと態度が変わる人″も、その人の本性がうかがえる。それも、人間性を見抜くポイントである。

人間性を高める

人間性を高めるには、何をどうしたらいいのだろうか? 日常生活で無理なくできる習慣を2つ紹介しまよう。

生活習慣

日頃の生活はその人の内面に影響しやすいため、生活習慣を整えることが大切である。不規則な生活をしていると、心も荒みがちになることも少なくない。

栄養バランスのよい食事を取る、早寝早起きをする、適度な運動をする、といった基本的なことを心掛けよう。

掃除をしたり、身の回りを整理整頓したり、生活環境を整えることも大切である。生活空間を整えると気分もすっきりし、ポジティブな気持ちで心地よく暮らせる。

一度にあれもこれもと手を出してしまうと負担になって続かないことも考えられるため、できることから少しずつ変えていくようにするのがおすすめ。

人の意見

人それぞれ価値観が違うことを理解し、他人の意見に耳を傾けるようにしょう。たとえ自分とは真逆の意見だとしても、頭ごなしに否定するのではなく、まずは受け入れる姿勢が大切である。

要するに、″そういう捉え方もあるのか″と新しい価値観を受け入れることで、視野が広がり寛大さも身に付くわけである。

また、会話でも自分の価値観を押し付けるのではなく、″なるほど、そういう考え方もあるのですね″と、一歩引いて客観的に対応できるようになると、人間性も高まり、よい人間関係も築きやすくなる。

内面を意識する

内面から人間性を高める方法もある。意識すべき点を紹介しよう。

ポジティブ

人を許せる寛大な人や誰に対しても態度が変わらない思いやりのある人には、ポジティブ思考の人が多い。

要するに「自分にできるはずがない」「どうせ私なんて」とネガティブに考えがちな人は、ポジティブ思考を意識するようにしょう。

効果的な方法は自分を客観的に見つめ直し、マイナス面をプラスに変えること。例えば、短気でついイライラ感が出てしまうのが短所だとしたら、感情に身を任せず、一呼吸置いて冷静になるように心掛けよう。

人の価値観を受け入れられない人は、すぐに反論するのではなく、″なるほど″とひとまず受け入れる癖を付けるのもよい。

思いやり

相手の気持ちを考え行動できる、思いやりの気持ちを持つことも大切である。人間性の高い人は、その時々で相手がどのような気持ちを抱いているのか察し、人の気持ちに寄り添うことができる。

簡単なことではないが、ささいなことでもいいので、「今、どう思っているのだろう」「どうしてほしいのだろう」と、相手の立場に立って考える癖を付けることで磨くことが可能である。

相手の話しを親身に聞くことや、「もし、自分だったらどう思うか」「どうしてほしいか」を意識することで気付きやすくなる。

相手の立場に立って考えられるようになると、周囲への気配りもできるようになり、相手が望むことを自然とできるようになっていく。そうなると、周囲からの評価も高まるわけである。

感謝の気持ち

どのようなときでも、感謝の気持ちを忘れないことも大切なポイントである。日常生活では「特に感謝するようなことはない」と感じる人もいるかもしれないが、当たり前だと思っているささいなことでも感謝するようにしょう。

要するに、実家暮らしの人は、毎日食事の支度をしなくてもおいしい料理が食べられたり、洗濯をしてもらえたりすることもある。

身内だからといって感謝しなくてよいというわけではない、自分のために何かをしてもらったのであれば、「ありがとう」と伝えよう。

職場でも同様である。要するに、電話を取り次ぐのが新人の仕事の一つだとしても、取り次いでもらったら「ありがとう」と感謝の気持ちを口にすることで、次第に周囲からの評価も高まっていくわけである。

まとめ

人間性の高い人は、どのような場面でも感情をきちんとコントロールでき、多様性を受け止められ、人を許せる寛大さがある人である。話しを聞くときの態度や周囲の人への対応などで、人間性を見抜けるわけである。

基本的なマナーに欠ける人や責任逃れをするような人は、人としての本質を疑われるため、改善する努力をすることが大切である。

人間性を少しでも高めるために、生活習慣を整えたり、思いやりや感謝の気持ちを持つように心掛けたりしてみよう。


参考資料


お役立ち情報を

発信してます

6de70b5c929dd663ac23fd261b58addf 1

さらに、

GPS無料貸し出し中

👦5万円はお得👧

感染予防対策:来店不要 契約不要


アスト探偵事務所

92677d139d4a69ec4f45696b0fd5c592

所在地 〒540-0025 大阪市中央区徳井町2-2-14徳井ビル303

電話番号 06-6809-5214 FAX番号 06-6809-5216

フリーダイヤル 0120-044-322

メール info@astotantei.com

公安委員会 第62130955号

コメント

👦3時間無料お試し👧はコチラ
👦3時間無料お試し👧はコチラ
👦3時間無料お試し👧はコチラ
👦3時間無料お試し👧はコチラ
タイトルとURLをコピーしました