đŸ‘§ãŠã‚“ãĒ選択をするãĢせよ、あãĒたがč‡Ē分č‡ĒčēĢを尊重し、嚸せãĢãĒるためぎ最善ぎ斚æŗ•ã‚’čĻ‹ã¤ã‘ることが大切です。ã‚ĩポãƒŧトがåŋ…čĻãĒ場合はお気čģŊãĢお尋ねください。お力ãĢãĒã‚Œã‚Œã°åš¸ã„ã§ã™ã€‚đŸ˜Š2023.09.23

ãŠæŒãĄãŽæ‚Šãŋīŧˆå•éĄŒīŧ‰ã‚’č§ŖæąēしぞせんかīŧŸīŧŸīŧŸã€‚æĨŊしい毎æ—Ĩ、嚸せãĒį”Ÿæ´ģを取りæˆģしぞしょう。「æŽĸåĩぎįŸĨæĩčĸ‹ã€åĨŊ評/配äŋĄä¸­īŧīŧã‚ĸ゚トæŽĸåĩäē‹å‹™æ‰€ã¯į›¸čĢ‡į„Ąæ–™ã§ã™ã€‚お気čģŊãĢごį›¸čĢ‡ãã ã•ã„。

â€ŗæŽĸåĩブログâ€ŗ

đŸ‘Ļã‚ĸ゚トæŽĸåĩäē‹å‹™æ‰€

åĻŠå¨ ä¸­ãŽæĩŽæ°—

【䞋えば】

æ—Ļé‚ŖがæĩŽæ°—しãĻいたäē‹ã‚’įŸĨãŖãĻしぞいぞした。

20äģŖåĨŗです。
įĩåŠšã—ãĻīŧ’åš´ãĢãĒり、äģŠã¯å­ãŒīŧ‘äēēいぞす。
そぎ子をåĻŠå¨ ä¸­ãĢæ—Ļé‚ŖはæĩŽæ°—をしãĻいぞした。
é•ˇã„ã§ã™ãŒã€ã€čĒ­ã‚“でくださるとåŦ‰ã—いです。

į™ēčĻšã—たぎは、子をäģŠåš´ãŽæ˜ĨãĢį”ŖんでしばらくįĩŒãŖた頃です。
æ—Ļé‚Ŗも子も寝ãĻã„ã‚‹æˇąå¤œãŽã“ã¨ã€‚
æ—Ļé‚Ŗぎæē帯ぎパ゚ワãƒŧドは教えãĻもらãŖãĻいたぎでį°Ąå˜ãĢ開くことができ、æ—Ļé‚Ŗが撎åŊąã—た子ぎ写įœŸã‚’čĻ‹ã‚ˆã†ã¨į”ģ像æŦ„をさかぎãŧãŖãĻいくと、åĨŗæ€§ã¨ãŽčĄŒį‚ē中ぎ動į”ģがčĻ‹ã¤ã‹ã‚Šãžã—た。

æ—Ļé‚Ŗとはäģ˛ãŒč‰¯ãã€ã¤ã‚ã‚ŠãŒé…ˇã„åĻŠå¨ ä¸­ã‚‚とãĻも支えãĻもらいぞした。こぎäēēとįĩåŠšã—ãĻ、こぎäēēぎ子を授かれãĻč‰¯ã‹ãŖたと嚸せを感じãĻå‡ēį”Ŗぞで過ごしぞした。

äģ•äē‹æŸ„、æ—Ļé‚Ŗは夜勤があãŖたりしぞしたが
äģ•äē‹ãŽäŧ‘憊中も気éŖいぎLINEをくれãĻ
äģ•äē‹ãŒįĩ‚わればåŋ…ずåŽļãĢ帰ãŖãĻきãĻã‚ĩポãƒŧトをしãĻくれる。æœŦåŊ“ãĢå„Ēしいäēēです。
äģŠæ€ãˆã°ã€åŧˇãåŊ“たるäē‹ã‚‚多かãŖたåĻŠå¨ ä¸­ãĢ、あれだけį§ãĢå„ĒしくしãĻくれたぎはäģ–ãĢį™’しがあãŖたからか、ととãĻã‚‚æ‚˛ã—ã„ã§ã™ã€‚

手į™–がæ‚Ēくį”ŗしč¨ŗãĒいぎですが、、
LINEぎトãƒŧクもčĻ‹ã¤ã‘ãĻしぞいåŋƒãŒããĄã‚ƒããĄã‚ƒãĢãĒりãĒがらも全部į›Žã‚’通しãĻ、äŊ•ã‹ã—ã‚‰ãŽå•éĄŒãŒį™ēį”Ÿã—た時į”¨ãĢトãƒŧクぎ写įœŸã‚‚撎りぞした。
æ—Ļé‚Ŗはäģ•äē‹įĩ‚わりや、į§ãŒåŽŸåŽļãĢ行ãŖãĻいるã‚ŋイミãƒŗグで
æĩŽæ°—į›¸æ‰‹ã¨äŧšã„、åŽļãĢ行ãŖãŸã‚Šã€æ—…čĄŒã—ãŸã‚Šã€‚
合éĩã‚‚æ¸Ąã•ã‚ŒãĻいたようです。
しかしį›¸æ‰‹ã¨ã¯ã€į§ãŒåĻŠå¨ åžŒæœŸãŽæ™‚į‚šã§
é–ĸäŋ‚ã‚’įĩ‚わりãĢしãĻいるようでした。
ですが、友達ãĢæˆģãŖた感じです。半嚴はトãƒŧクしãĻいぞせん。

子も小さいですし、æœŦåŊ“ãĢæ—Ļé‚Ŗとはäģ˛ãŒč‰¯ã„ぎでé›ĸåŠšã¯č€ƒãˆãĻいぞせん。
ですが、こぎ先。おういうåŋƒæŒãĄã§ã„ãŸã‚‰ã„ã„ãŽã‹ã€čƒ¸ãŒã‚ļワã‚ļワするぎで、ここãĢ投げかけさせãĻください。

ここから、čŗĒ問させãĻ頂きたいぎですが
ãƒģį”ˇæ€§ã¨ã„うぎはやはり
嚸せであãŖãĻもæĩŽæ°—するもぎでしょうか。

ãƒģパãƒŧトナãƒŧとãģãŧ毎æ—Ĩ
ã‚šã‚­ãƒŗã‚ˇãƒƒãƒ—ã‚„čĄŒį‚ēã‚’č‡´ã—ãĻも、
すぐį›Žį§ģりしãĻしぞうもぎでしょうか。
(æ—Ļé‚Ŗはマッチãƒŗグã‚ĸプãƒĒãĒおもå…ĨれãĻいぞした)

ãƒģわたしはæ—Ļé‚Ŗをč˛Ŧめるずきでしょうか。
æœŦčƒŊã ã‹ã‚‰ã¨å‰˛ã‚Šåˆ‡ã‚‹ãšãã§ã—ã‚‡ã†ã‹ã€‚
性æŦ˛ãŒåŧˇã„äēēです。
åĻŠå¨ ä¸­ã¯ã”めんと思いãĒがらも
ã‚šã‚­ãƒŗã‚ˇãƒƒãƒ—ã•ãˆã‚‚åŧˇãæ‹’åĻしãĻいたぎで
そりゃæŦ˛ã‚’č§Ŗæļˆã—たかãŖたよね、と思ãŖãĻいぞす。
ã‘ãŠã€æ›¸éĄžã§ã‚‚įĩã°ã‚ŒãĻいるå¤ĢåŠĻでありãĒがら
åĻŠå¨ ã¨ã„う大äģ•äē‹ã‚’しãĻいるį§ãŽåŊąã§æĩŽã¤ã„ãĻã„ãŸãŽã‹ã¨æ€ã†ã¨č…šã‚‚įĢ‹ãĄãžã™ã€‚              

わたしは、いãŖたいおうしたらいいでしょうかīŧŸ

【ã‚ĸドバイ゚】

ぞず、æĩŽæ°—ぎį™ēčĻšã¨ããŽæ„Ÿæƒ…įš„ãĒč˛ čˇã‚’įĩŒé¨“しãĻいることãĢæˇąã„åŒæƒ…ã‚’čĄ¨æ˜Žã—ãžã™ã€‚ã“ãŽã‚ˆã†ãĒįŠļæŗã¯éžå¸¸ãĢč¤‡é›‘ã§ã€æ„Ÿæƒ…įš„ãĢもį˛žįĨžįš„ãĢã‚‚č˛ æ‹…ãŒå¤§ãã„ã“ã¨ã‚’į†č§ŖしãĻいぞす。äģĨ下ãĢ、あãĒたぎčŗĒ問ãĢ寞する一čˆŦįš„ãĒã‚ĸãƒ‰ãƒã‚¤ã‚šã¨č€ƒæ…Žã™ãšãäē‹é …ã‚’čŋ°ãšãžã™ãŒã€å°‚é–€įš„ãĒã‚ĩポãƒŧãƒˆã‚’å—ã‘ã‚‹ã“ã¨ã‚‚æ¤œč¨Žã™ã‚‹äžĄå€¤ãŒã‚ã‚Šãžã™ã€‚

●į”ˇæ€§ãŽæĩŽæ°—ãĢついãĻ

į”ˇæ€§ãŒåš¸ã›ã§ã‚ãŖãĻもæĩŽæ°—するかおうかは個äēēãĢよãŖãĻį•°ãĒりぞす。æĩŽæ°—ぎį†į”ąã¯ã•ãžã–ぞで、単į´”ãĒ性æŦ˛ã ã‘でãĒく、不厉やé–ĸäŋ‚ãŽå•éĄŒã€čĒ˜æƒ‘、č‡Ēåˇąæē€čļŗ、åŋƒãŽä¸­ã§ãŽæœĒįˇ´ãĒおがåŊąéŸŋすることがありぞす。一čˆŦįš„ãĒį‰šæ€§ã‚„čĄŒå‹•ãƒ‘ã‚ŋãƒŧãƒŗãĢ一æĻ‚ãĢåŊ“ãĻはめることはé›Ŗしいです。

●パãƒŧトナãƒŧã‚ˇãƒƒãƒ—ã¨æĩŽæ°—

パãƒŧトナãƒŧとぎé–ĸäŋ‚が嚸せであãŖãĻも、æĩŽæ°—をする可čƒŊ性はã‚ŧロではありぞせん。しかし、パãƒŧトナãƒŧとぎã‚ŗミãƒĨãƒ‹ã‚ąãƒŧã‚ˇãƒ§ãƒŗやé–ĸäŋ‚ぎåŧˇåŒ–は、æĩŽæ°—ぎãƒĒ゚クを減らすぎãĢåŊšįĢ‹ã¤ã“とがありぞす。パãƒŧトナãƒŧがマッチãƒŗグã‚ĸプãƒĒを刊į”¨ã—ãĻいたことも、åŊŧがäģ–ぎé–ĸäŋ‚ãĢ興å‘ŗを持ãŖãĻいた可čƒŊ性をį¤ē唆しãĻいぞす。

●č˛Ŧäģģã¨å‰˛ã‚Šåˆ‡ã‚Š

æĩŽæ°—ãĢ寞する感情や寞å‡Ļæ–šæŗ•ã¯äēēそれぞれį•°ãĒりぞす。一部ぎäēēはæĩŽæ°—ã‚’æœŦčƒŊįš„ãĒčĄŒå‹•ã¨ã—ãĻå‰˛ã‚Šåˆ‡ã‚‹ã“ã¨ãŒã§ãã‚‹ã‹ã‚‚ã—ã‚Œãžã›ã‚“ãŒã€äģ–ぎäēēはそれãĢ寞する感情įš„ãĒč˛ æ‹…ã‚’æ„Ÿã˜ã‚‹ã§ã—ã‚‡ã†ã€‚ã‚ãĒたがおぎようãĢ感じ、おぎようãĢ寞å‡ĻするかはあãĒたæŦĄįŦŦです。ただし、æĩŽæ°—はパãƒŧトナãƒŧã‚ˇãƒƒãƒ—ãĢäŋĄé ŧをæēるがすことがあるため、é–ĸäŋ‚を攚善するためぎåŠĒ力もåŋ…čĻã§ã™ã€‚

●ã‚ŗミãƒĨãƒ‹ã‚ąãƒŧã‚ˇãƒ§ãƒŗとã‚Ģã‚Ļãƒŗã‚ģãƒĒãƒŗグ

重čĻãĒãŽã¯ã€ã“ãŽå•éĄŒã‚’ã‚ãĒたぎæ—Ļé‚Ŗと開かれたã‚ŗミãƒĨãƒ‹ã‚ąãƒŧã‚ˇãƒ§ãƒŗを通じãĻčŠąã™ã“ã¨ã§ã™ã€‚åŊŧãŽčĄŒå‹•ãŽčƒŒåžŒãĢある動抟や感情をį†č§Ŗし、将æĨぎé–ĸäŋ‚ãĢついãĻãŽæœŸåž…ã‚’å…ąæœ‰ã™ã‚‹ã“ã¨ãŒå¤§åˆ‡ã§ã™ã€‚ã‚Ģã‚Ļãƒŗã‚ģãƒĒãƒŗグやã‚ģナピ゚トぎã‚ĩポãƒŧトを受けることも、é–ĸäŋ‚ã‚’äŋŽåžŠã—、æĩŽæ°—ぎ再į™ēã‚’é˜˛ãæ‰‹åŠŠã‘ãĢãĒるかもしれぞせん。

最įĩ‚įš„ãĒæąē厚はあãĒたとæ—Ļé‚Ŗぎ間でãĒされるずきであり、é–ĸäŋ‚ぎ将æĨãĢついãĻãŽč€ƒæ…Žã‚’å…ąæœ‰ã—ã€į›¸äē’ぎäŋĄé ŧを回垊するåŠĒ力をするかおうかをæąēめるぎはあãĒãŸãŸãĄãŽé¸æŠžã§ã™ã€‚č‡Ē分ぎ感情を大切ãĢし、あãĒたぎ嚸įĻã‚’å„Ē先しãĻください。ぞた、専門åŽļぎ意čĻ‹ã‚„ã‚ĩポãƒŧトを受けることが、こぎé›ŖしいįŠļæŗã‚’äš—ã‚ŠčļŠãˆã‚‹ãŽãĢåŊšįĢ‹ã¤ã“とがありぞす。

äŊ•ã‹čŗĒ問やã‚ĩポãƒŧトがåŋ…čĻãĒ場合はいつでもお気čģŊãĢお尋ねください。お力ãĢãĒã‚Œã‚Œã°åš¸ã„ã§ã™ã€‚đŸ˜Š

ãŠåž—æƒ…å ą

はじめãĻぎđŸ‘ĻæŽĸåĩ

ãƒĄãƒĒãƒƒãƒˆđŸ‘§

ãƒ‡ãƒĄãƒĒット

æŽĸåĩ選ãŗīŊžčĒŋæŸģ厌äē†ãžã§ãŽæĩã‚Œ

æŽĸåĩぎテクニック

æĩŽæ°—ã‚’čĻ‹æŠœãæ–šæŗ•

äēē柄をčĻ‹æŠœãæ–šæŗ•

不å€Ģぎ慰čŦæ–™čĢ‹æą‚|厌全ã‚Ŧイド

ãĢついãĻãŽãŠåž—æƒ…å ąã‚ĩイトです。


į„Ąæ–™ãŠčŠĻしčĒŋæŸģ

ãƒĄãƒĒットとは

世ぎ中ãĢは、初めãĻ刊į”¨ã™ã‚‹ã‚ĩãƒŧビ゚では「おčŠĻし」というぎはåŊ“たり前ãĢãĒãŖãĻいると思いぞせんか。

į‰šãĢéĢ˜ã„ã‚ĩãƒŧビ゚を刊į”¨ã™ã‚‹éš›ãĢはいきãĒりéĢ˜ã„お金を払うぎãĢはčēŠčē‡ã—ぞすよね。

ã‚Ģãƒŧド払いもå‡ēæĨぞすとか、ロãƒŧãƒŗも可とか、いわれãĻもåŗåē§ãĢåĨ‘į´„はå‡ēæĨãĒいもぎです。

æŽĸåĩäē‹å‹™æ‰€ãŽæ–™é‡‘ã‚‚æąēしãĻ厉くはありぞせん。あるį¨‹åēĻぎį›¸å ´ã¨ã„うもぎがありぞすが、それも地域や䞝é ŧ内厚ãĢよりį›¸å ´ã¯å¤§ããį•°ãĒりぞす。

つぞり、標æē–䞥æ ŧというもぎがį„Ąã„ãŽã§æ™‚äžĄã¨ã„ã†ã“ã¨ãĢãĒã‚‹ãŽã§ã™ã€‚æ™‚äžĄã¯ãŠã‚“ãĒもぎでもおéĢ˜ã„ですよね。

お悊ãŋぎåĨĨさんは、そうしたį›Žįˇšã§čĒ­ãŋé€˛ã‚ãĻくださいね。

それでぱã‚ŋãƒŧトīŧ

åŸēæœŦæƒ…å ą

そこで、ã‚ĸ゚トæŽĸåĩäē‹å‹™æ‰€ãŒãŠã™ã™ã‚ã™ã‚‹ãŽã¯į„Ąæ–™ã€ŒãŠčŠĻしčĒŋæŸģ」です。

į„Ąæ–™ãŠčŠĻしãĒぎで、はじめãĻぎ斚でも、プロぎ「æĩŽæ°—čĒŋæŸģ」を厉åŋƒã—ãĻ刊į”¨ã—ãĻもらえることができぞす。

įš†ã•ã‚“はâ€ŗおぎæŽĸåĩį¤žãŒč‰¯ã„ぎかâ€ŗとあれこれと悊むåŋ…čĻã¯ã‚りぞせん。

ãĒぎで、せãŖかくぎ「チãƒŖãƒŗ゚」を逃すことãĒく有劚ãĢæ´ģį”¨ã™ã‚‹ã“とがå‡ēæĨるぎです。

äēˆį´„åˆļãĢãĒãŖãĻおりぞす。ぞずはį„Ąæ–™į›¸čĢ‡ã—ぞしょう。æ€Ēしいæ—Ĩやæ€Ēしい時間、æ€Ēしい場所ãĒおをおäŧãˆãã ã•ã„。

įŠļæŗãĢåŋœã˜ãŸčĒŋæŸģæ–šæŗ•ã‚’ã”ææĄˆã•ã›ãĻいただきぞす。


こんãĒåĨĨ様ãĢ最遊

初めãĻぎåĨĨさんでよくあるぎが「おぎæŽĸåĩį¤žãŒč‰¯ã„ぎかよくわからãĒい」ということです。

イãƒŗã‚ŋãƒŧネットでæŽĸåĩį¤žã‚’æŽĸしãĻおられると思いぞすが、たくさんありぞすし、選ãļポイãƒŗãƒˆãŒã„ãžã„ãĄã‚ˆãã‚ã‹ã‚‰ãĒいと思いぞす。

そんãĒåĨĨさんãĢ最遊ぎプナãƒŗとãĒãŖãĻいぞす。わからãĒいį‚šã¯ã€ã‚ĸ゚トæŽĸåĩäē‹å‹™æ‰€ãŽäšžīŧˆã„ãŦいīŧ‰ãžã§ãŠæ°—čģŊãĢお問合せくださいぞせ。

初めãĻ、æŽĸåĩäē‹å‹™æ‰€ã‚’ご刊į”¨ãŽåĨĨさんãĒら、わからãĒくãĻåŊ“たり前です。

åŋƒé…ã—ãĒくãĻも大丈å¤Ģです。

é›Ŗã—ãč€ƒãˆã‚‹åŋ…čĻã¯ã‚りぞせん。

æ—Ļé‚ŖぎæĩŽæ°—čĒŋæŸģが「おčŠĻしį„Ąæ–™ã€ã ã€‚ということです。


į„Ąæ–™ãŠčŠĻしčĒŋæŸģ

ãĒぜ、お垗ãĒぎかīŧŸ

ã‚ĸ゚トæŽĸåĩäē‹å‹™æ‰€ãŒãŠã™ã™ã‚ã™ã‚‹ãŽã¯į„Ąæ–™ã€ŒãŠčŠĻしčĒŋæŸģ」です。

į„Ąæ–™ãŠčŠĻしãĒぎで、おåŽĸ様は一切お金を払うåŋ…čĻã¯ã‚りぞせん。

つぞり、ノãƒŧãƒĒ゚クということです。ãƒĒ゚クがあるぎはイヤですよね。

おんãĒもんかもわからãĒいぎãĢéĢ˜ã„お金は、あãŖãĻも払いたくãĒいもぎです。

čŠŗしくįŸĨりたいåĨĨ様は、į„Ąæ–™ãŠčŠĻしčĒŋæŸģぎčĒŦ明をおčĒ­ãŋください。

それではおうぞīŧ


į„Ąæ–™ãŠčŠĻしčĒŋæŸģ

ãĢついãĻčĒŦ明しぞす

åĨĨさんは、â€ŗīŧ“時間では少ãĒすぎるâ€ŗと思ãŖãĻおられるんじゃãĒいでしょうか。

åŋƒé…ã—ãĒくãĻも大丈å¤ĢīŧãĒぜãĒら、æ—Ļé‚ŖとåĨŗ性ぎナブホテãƒĢぎ刊į”¨ã¯åšŗ均īŧ“時間とãĒãŖãĻいるからです。

䞋えば、午垌īŧ˜æ™‚ãĢīŧ’äēēがナブホテãƒĢãĢå…ĨãŖたとしぞしよう。

そうすると、そぎ場合は午垌11時ãĢはナブホテãƒĢからå‡ēãĻæĨã‚‹ã¨ã„ã†č¨ˆįŽ—です。

äģĨä¸Šã€ãŠåž—æƒ…å ąãŽã”æĄˆå†…ã§ã—ãŸã€‚

æ—Ļé‚ŖぎæĩŽæ°—でお困りぎåĨĨ様は、ã‚ĸ゚トæŽĸåĩäē‹å‹™æ‰€ãŽäšžīŧˆã„ãŦいīŧ‰ãžã§ãŠæ°—čģŊãĢごį›¸čĢ‡ãã ã•ã„。

į›¸čĢ‡ã¯į„Ąæ–™ã§ã™ã€‚

į„Ąæ–™į›¸čĢ‡ãŽäē‹äž‹ã‚’įŸĨりたいåĨĨさんは、æŦĄãĢé€˛ã‚“ã§ãã ã•ã„ã€‚

それではおうぞīŧ


åĨĨさんぎお悊ãŋ

æĩŽæ°—čĒŋæŸģãŽäžĄæ ŧやおすすめぎæŽĸåĩäē‹å‹™æ‰€ãĢついãĻ æĩŽæ°—čĒŋæŸģをæŽĸåĩさんãĢ䞝é ŧする時ぎč˛ģį”¨į›¸å ´ã‚„おすすめを教えãĻ下さい。 ä¸ģäēēãŽčĄŒå‹•ãŒæ€ĒしくãĒãŖãĻきたと思ãŖたら、éƒŊ内ぎéĢ˜į´šãƒ›ãƒ†ãƒĢとåĨŗ性ブナãƒŗドぎバックぎãƒŦã‚ˇãƒŧトが ゴミįŽąãĢ捨ãĻãĻあるぎをį™ēčĻ‹ã—ãĻしぞいぞした。

金曜ぎ夜ãĢ遅い時や、土æ—Ĩぎæ˜ŧ間ãĢいãĒいときãĢは、åĨŗ性とäŧšãŖãĻいるぎではãĒいかと思いぞす。でも、č‡Ē分でå¤Ģã‚’å°žčĄŒã—ãĻčĒŋずるぎはåĢŒã§ã™ã€‚į§ãŒčĸĢåŽŗ者ãĒぎãĢ、åŊąã§ã‚ŗã‚Ŋã‚ŗã‚Ŋと様子をäŧēãŖãĻいるぎは、ãĒんだか情けãĒいです。

そこで、æŽĸåĩさんを雇ãŖãĻįœŸį›¸ã‚’įĸēかめたいです。æœŦåŊ“ãĢæĩŽæ°—をしãĻいたãĒら、č¨ŧ拠写įœŸã‚’æ’ŽãŖãĻもらい、慰čŦæ–™čĢ‹æą‚ãĒおčŖåˆ¤ã‚„æŗ•įš„ãĒ手įļšããĢ有力ãĒ判断材料ãĢãĒるč¨ŧ拠を掴んでおきたいです。 æĩŽæ°—čĒŋæŸģを䞝é ŧã—ãŸã“ã¨ãŒã‚ã‚‹æ–šã¸ã€ãœã˛ãŠã™ã™ã‚ãŽæŽĸåĩäē‹å‹™æ‰€ã‚’ご教į¤ē下さい。


åŽ‰äžĄã§æĩŽæ°—čĒŋæŸģをしãĻくれるæŽĸåĩäē‹å‹™æ‰€ã‚’æŽĸしãĻいぞす。 大é˜ĒãĢäŊã‚€ä¸ģåŠĻです。å¤ĢぎæĩŽæ°—でį›¸čĢ‡ãŒã‚りぞす。å¤Ģがã‚ŗãƒ­ãƒŠã§å¤ąčˇã—æ–°ã—ã„äŧšį¤žãĢčĄŒãå§‹ã‚ãžã—ãŸã€‚

帰りも遅くãĒり頑åŧĩãŖãĻくれãĻいると思ãŖãĻいぞした。しかし先æ—Ĩおそらく前ぎäŧšį¤žãŽéƒ¨ä¸‹ã¨æ€ã‚ã‚Œã‚‹åĨŗ性とぎLINEぎやり取りをčĻ‹ãĻしぞいぞした。晎æŽĩぱマホãĢロックがかかãŖãĻいぞすがおéĸ¨å‘‚ãĢå…Ĩる前ãĢåŋ˜ã‚ŒãĻいたようです。

内厚は思いå‡ēã™ãŽã‚‚č…šįĢ‹ãŸã—いぎですが、äģŠåēĻはæŗŠãžã‚ŠãŸã„とか大åĨŊãã ã¨ã‹ã„ã‚ã„ã‚ã‚ã‚Šã¨ã‚Šã‚ãˆãšå†™ãƒĄã—ãžã—ãŸã€‚

įŋŒæ—ĨæŽĸåĩäŧšį¤žãĢ数į¤žé›ģčŠąã—ãĻæ–™é‡‘ã‚’čžããžã—ãŸãŒäē‹å‹™æ‰€ãĢæĨãĻã‹ã‚‰čŠąã™ã¨ã‹čĒŋæŸģが始ぞãŖãĻãŋãĒいとわからãĒいとかãģã¨ã‚“ãŠã§ãĄã‚‡ãŖと怖くãĒりぞした。

å¤Ģぎ勤務先ぎ大é˜Ē市内かį§ãŽäŊã‚“ã§ã‚‹čŒ¨æœ¨å¸‚ã€éĢ˜æ§ģ市、įŽ•éĸ市あたりぎ北摂でæĩŽæ°—čĒŋæŸģをしãĻくれる厉くãĻ厉åŋƒãĒäŧšį¤žãŒã‚れば教えãĻください。 æ€Ĩいでおりぞす。


厉いč˛ģį”¨ã§å¤ĢぎæĩŽæ°—čĒŋæŸģをé ŧめるæŽĸåĩį¤žã‚’æŽĸしãĻいぞす。äģŠį§ãŒå‡ēせるč˛ģį”¨ã¯īŧ’īŧä¸‡å††ãã‚‰ã„ã§ã™ã€‚ã“ãŽé‡‘éĄã ã¨é ŧむぎはį„Ąį†ã§ã—ょうかīŧŸ

å¤ĢはäģŠã§ã¯é€ąãĢäēŒå›žãã‚‰ã„しか帰ãŖãĻきãĻいぞせん。å¤ĢぎčģŠãĢはGPSをäģ•čžŧんでありぞす。毎æ—Ĩ様子をčĻ‹ãĻいると、夜は毎回į‰šåŽšãŽå ´æ‰€ãĢį§ģ動しãĻいる様子です。友äēēãĢį›¸čĢ‡ã—たところ、不å€ĢしãĻいãĻ、不å€Ģį›¸æ‰‹ãŽåĨŗぎåŽļãĢæŗŠãžãŖãĻいるぎではãĒã„ã‹ã¨ã„ã†čŠąãĢãĒりぞした。

äģ•äē‹ãŒåŋ™ã—いからäŧšį¤žãĢæŗŠãžãŖãĻいるとæœŦäēēã¯č¨€ãŖãĻいぞすが、そうでãĒいぎはGPSをčĻ‹ãĻいれば分かりぞす。嘘をついãĻぞでäŊ•ã‚’しãĻいるぎか、æŽĸåĩを雇ãŖãĻčĒŋずたいです。もし不å€Ģぎäē‹åŽŸãŒã‚れば、č¨ŧ拠を持ãŖãŸä¸Šã§čŠąã—åˆã„ã‚’ã—ãŸã„ã§ã™ã€‚

å¤Ģはč¨ŧ拠がį„Ąã‘ればįĩļ寞ãĢčĒã‚ã‚‹ã‚ˆã†ãĒ性æ ŧではありぞせんぎで。 č‡Ēåˆ†ã§åžŒã‚’ã¤ã‘ã‚ˆã†ã‹ã¨ã‚‚æ€ã„ãžã—ãŸãŒã€å­äž›ãŽä¸–čŠąã‚‚ã‚ã‚Šã€ãĒかãĒかé›Ŗしいです。それãĢもしčĻ‹ã¤ã‹ãŖãĻしぞãŖãŸã‚‰č€ƒãˆã‚‹ã¨æ€–ã„ãŽã§ã€ã‚„ã¯ã‚Šãƒ—ãƒ­ãĢ䞝é ŧするしかãĒいぎかãĒと思ãŖãĻいぞす。

ただ、いろいろãĒæŽĸåĩį¤žãĢé›ģčŠąã‚’æŽ›ã‘ãĻãŋãĻäēˆįŽ—ã‚’äŧãˆã‚‹ã¨é–€å‰æ‰•ã„されãĻしぞいぞす。こぎäēˆįŽ—だとお受けするぎはé›Ŗしいとぎäē‹ã§ã™ã€‚おこかīŧ’īŧä¸‡å††å‰åžŒãŽäēˆįŽ—でé ŧめるæŽĸåĩį¤žã¯ã‚りぞせんかīŧŸ


ごį›¸čĢ‡ã¯ã‚ŗチナです

æŽĸåĩãĢäģģせるぎが成功ぎį§˜č¨Ŗですīŧ  

į„Ąæ–™į›¸čĢ‡ã€€

ä¸‹č¨˜ã‚’ã‚¯ãƒĒニック

LINEからも受äģ˜ä¸­īŧīŧ


お母さんīŧ

頑åŧĩãŖãĻね


æĩŽæ°—ã‚’čĻ‹æŠœãæ–šæŗ•


はじめãĻぎæŽĸåĩ

ãƒĄãƒĒãƒƒãƒˆã¨ãƒ‡ãƒĄãƒĒット


æŽĸåĩ選ãŗīŊžčĒŋæŸģ厌äē†

ぞでぎæĩã‚Œ


æŽĸåĩぎテクニック


äēē柄をčĻ‹æŠœãæ–šæŗ•


čĢ‹æą‚できるīŧŸ

čĢ‹æą‚できãĒいīŧŸ

ã‚ĸ゚トæŽĸåĩäē‹å‹™æ‰€ã§ã¯ã€‚

「50時間パック149.800円」プナãƒŗをごį”¨æ„ã—ãĻãŠã‚Šãžã™ã€‚é€ąæœĢぎčĒŋæŸģãĢ最遊ãĒプナãƒŗです。

䞋えば、īŧˆé‡‘īŧ‰īŧˆåœŸīŧ‰īŧˆæ—Ĩīŧ‰ãŒæ€Ēしいとすれば、īŧ“æ—Ĩé€ŖįļščĒŋæŸģが可čƒŊです。īŧ‘æ—Ĩį„Ąæ–™ãĢãĒりぞす。

ã‚ãĄã‚ƒīŧãŠåž—

đŸ‘§ã‚¤ãƒæŠŧしđŸ‘Ļ

ã‚ĸ゚トæŽĸåĩäē‹å‹™æ‰€ãŽäšžīŧˆã„ãŦいīŧ‰ãžã§ãŠæ°—čģŊãĢお問い合わせくださいぞせ。


đŸ‘Ļã‚ĸ゚トæŽĸåĩäē‹å‹™æ‰€

はじめぞしãĻ

ã‚ĸ゚トæŽĸåĩäē‹å‹™æ‰€ãŽäšžīŧˆã„ãŦいīŧ‰ã¨į”ŗしぞす。

æ—Ļé‚ŖぎæĩŽæ°—でお悊ãŋãĒらば、わたしぞでお気čģŊãĢお問い合わせくださいぞせ。

ã‚ˆã‚ã—ããŠéĄ˜ã„ã„ãŸã—ãžã™ã€‚


ã‚ĸ゚トæŽĸåĩäē‹å‹™æ‰€

〒540-0025

大é˜Ē市中夎åŒēåžŗäē•į”ē2-2-14 åžŗäē•ãƒ“ãƒĢ303

é›ģ芹į•Ēåˇã€€06-6809-5214

FAXį•Ēåˇã€€06-6809-5216

ãƒĄãƒŧãƒĢ info@astotantei.com

フãƒĒãƒŧダイヤãƒĢ 0120-044-322

å…ŦåŽ‰å§”å“Ąäŧšã€€įŦŦ62130955åˇ


重čĻäē‹é …čĒŦ明書

ã‚ĸ゚トæŽĸåĩäē‹å‹™æ‰€ãŽé‡čĻäē‹é …čĒŦ明書です。おčŠĻしį„Ąæ–™čĒŋæŸģをご刊į”¨ãŽåĨĨæ§˜ã¸ã¯ã€ãƒĄãƒŧãƒĢぞたはLINEãĢãĻ送らせãĻいただきぞす。

わからãĒいį‚šãŒã”ざいぞしたら、ã‚ĸ゚トæŽĸåĩäē‹å‹™æ‰€ãŽäšžīŧˆã„ãŦいīŧ‰ãžã§ãŠæ°—čģŊãĢお問い合わせくださいぞせ。

 å…ŦåŽ‰å§”å“Ąäŧšã€€

įŦŦ62130955åˇ

ã‚ĸ゚トæŽĸåĩäē‹å‹™æ‰€ã¯ã€å…ŦåŽ‰å§”å“Ąäŧšã‚ˆã‚Šæ­ŖåŧãĢæŽĸåĩäē‹å‹™æ‰€ãŽå–ļæĨ­č¨ąå¯ã‚’いただいãĻおりぞす。

æ—ĨæœŦ全å›Ŋぎ斚からį›¸čĢ‡ãƒģ䞝é ŧを受けられぞす。

æĩŽæ°—čĒŋæŸģ、į´ čĄŒčĒŋæŸģã€čĄŒå‹•čĒŋæŸģ、čēĢ元čĒŋæŸģ、čēĢčžēčĒŋæŸģ、įĩåŠščĒŋæŸģ、äēē柄čĒŋæŸģ、äŋĄį”¨čĒŋæŸģ、勤務先čĒŋæŸģã€čĄŒæ–ščĒŋæŸģ、äēēæŽĸしčĒŋæŸģ、äŊæ‰€į‰šåŽščĒŋæŸģ、į›—č´å™¨ãƒģį›—撎器ぎį™ēčĻ‹ã€ã‚šãƒˆãƒŧã‚ĢãƒŧčĒŋæŸģ、いじめčĒŋæŸģ、トナブãƒĢčĒŋæŸģをさせãĻいただくことがå‡ēæĨぞす。

 đŸ‘Ļã‚ĸãƒĄãƒ–ãƒ­ã¯ã“ãĄã‚‰ã§ã™đŸ‘§


ã‚ŗãƒĄãƒŗトを掋す

ãƒĄãƒŧãƒĢã‚ĸドãƒŦ゚がå…Ŧ開されることはありぞせん。 â€ģ がäģ˜ã„ãĻいるæŦ„はåŋ…須項į›Žã§ã™

CAPTCHA