浮気調査 3時間39.800円👧無料👦探偵体験

👧″旦那の単身赴任先に行くと″旦那が女と裸で寝てました👦安い探偵(大阪)慰謝料の相場

🐱素行調査

″探偵ブログ″

👦アスト探偵事務所

eb2d921d4d6115c9f69cbc84ad9adf2f 2

アスト探偵事務所の乾と申します。よろしくお願いします。


探偵任せるのが成功の秘訣です!  

無料相談 

下記をクリニック


ZARDの曲を聴きながら読んでくださいね


私は旦那に取り押さえられ女は逃げました。👧大阪府豊中市の主婦です

浮気の証拠について教えて下さい。単身赴任中の家に行ったら旦那が女と裸で寝ていました。私は旦那に取り押さえられ女は逃げました。

離婚する事にしたのですが いきなりの事だったので写真とか証拠はまったくないのです。。。 私がこの目で見ただけです。

旦那は浮気を認めましたが 慰謝料を請求するなら俺は弁護士をたてて浮気をしてないと言ってやる。お前が見ただけなんだから、どうせ証拠はないだろ。

逆に名誉毀損でお前から慰謝料を取ってやると言われました。。。 写真など証拠がなければ慰謝料は請求できないのでしょうか?

ソース画像を表示

旦那から「離婚してくれ」といわれた場合には、浮気の証拠がなくても旦那から「慰謝料」をとることができる。

奥さんは「離婚の意思」を固めてはるということで話しを進めていくことにする。旦那から「離婚してくれ」といわれた場合には、浮気の証拠がなくても旦那から「慰謝料」をとることができるのだ。結婚年数や子どもの数などに応じて金額が算出されるというわけだ。  

夫婦では「慰謝料の金額」は決められないと思うので、家庭裁判所の調停制度を活用することをおすすめするのだ。それに合わせて、子どもの養育費や財産分与、年金分割、住宅の移転に伴う費用などについても話し合ってもらいたいのである。  

浮気の「慰謝料」はたかがしれているのである。なので、それに固執せずに「離婚のお金」に照準を合わせてもらって少しでも多くとれるように頑張ったほうがいいのである。子どもの親権者になるのならば絶対に「養育費」はとらないといけないのである。そっちの方こそ重要なのである。  

実家に戻る場合であっても、引っ越しにかかる「費用の半額」は旦那に請求できるのだ。もらえるものは全部もらわないと損だというわけだ。そして、払うといって払わないケースもあるので「万が一のために」家庭裁判所の調停制度を活用しようというわけだ。間違っても、自分らで話しを決めないことだ。

旦那が離婚をあせっているのなら「浮気の慰謝料」も請求したらいいのだ。

それでも、奥さんは「浮気の慰謝料」のことが気になると思うので、わたしから少しアドバイスさせていただこうと思う。旦那が離婚をあせっているのなら「浮気の慰謝料」も請求したらいいのだ。証拠がなくてもいいのだ。旦那が離婚したければ「慰謝料」を払うしかないのである。  

もし、旦那が難色を示したならば「離婚届」にハンコを押さなければいいのである。浮気の慰謝料の代わりに「毎月の生活費」を請求してやればいいのである。そして、旦那が「慰謝料を払う」というまで、自動ATMにしてやったらいいのである。その方が「浮気の慰謝料」よりも金額を多くもらえるというわけだ。  

奥さんが「離婚をあせる」ことなんか何もいらないのである。早く離婚すれば、旦那が喜ぶだけなのである。旦那に仕返ししてやりたいと思うのならば、とことん、離婚を引き延ばしてやればいいのである。その頃には、別居してるハズなんで、旦那の顔も見なくて済むというわけだ。  

旦那から「お願いします」といって1000万円でも包んでもって来たのなら「離婚」を考えてもいいけれども、わたし的には1000万円では安いと思うのである。せめて3000万円は包んでもってきてもらわないと「ハンコ」なんか押す気にはなれないのである。しかし、まだ「押さない」だろう。そんな安くは見てもらいたくはないのである。


無料相談【完全ガイド】探偵社選びに役立ちます!

先に知っておくといいのは、慰謝料の相場である。離婚しない場合は「0円~50万円、マックス100万円」。離婚する場合は「50万円~150万円、マックス200万円」。

あとは、探偵費用と弁護士費用をどれくらいに設定するかである。おすすめなのは「探偵25万円」「弁護士25万円」合わせて50万円。←おすすめ

内容証明郵便について、余裕がある場合は弁護士に依頼すればいいし、余裕がない場合はご自身でやればいいのである。

ただし、先に話した「慰謝料の相場」内に収まるようにしないといけない。そうでないと、慰謝料請求したのに大赤字になってしまうからである。

慰謝料請求するためには、どういったケースに請求できて、また、どういったケースは請求できないのかを知っておく必要がある。今回は、慰謝料の意味、慰謝料請求の方法について予備知識をもってもらうための記事を書いたので、ぜひ参考にしてもらいたい。

慰謝料はご自身はもとより、子どもにも深く関わってくることから、中途半端には済ませない問題なのである。今後の生活にも影響をしてくるし、もらって当然の権利もみなさんはお持ちなのである。

そういった観点から、今回はブログ記事にまとめてみたので、みなさんはそういう目線で目を通してもえばいいのである。お金がない人は、弁護士を使わずにご自身でやることも十分可能なのである。わからないことがあれば、アスト探偵事務所までお気軽にお問い合わせしてもらいたい。

「慰謝料請求」授業を始めます。👦おすすめの探偵事務所

(詳しくは下記をクリックしてください)

慰謝料【完全ガイド】請求できるケース・請求できないケース

離婚する!と決意したときは、少し待ってください。慰謝料の問題は離婚する前に交渉しておかないといけません。ですが、慰謝料の話し合いがうまくいかずに暗礁に乗り上げることもしばしばです。

その場合、裁判所を利用して解決していく道もあります。中には、法律の専門家である弁護士に託される方もおられます。今回は慰謝料請求の基礎知識について、そして、どのように慰謝料請求すればいいのかを勉強しましょう。


慰謝料の意味

慰謝料について少し勉強しましょう。相手から不法に侵害を与えられたのが原因で精神的損害を受けたとしましょう。その場合、不法に侵害を与えた者が相手に対して賠償として支払うお金のことを慰謝料といいます。離婚の慰謝料についてもその意味は同じです。配偶者の肉体を傷つけたり、自由を奪ったり、名誉、貞操などを傷つけたりして離婚の原因を作った方が賠償請求されたりします。それらが認められれば慰謝料を支払わなければなりません。

しかし、当事者それぞれにも言い分がありますので、すんなりと合意に達するケースはそれほど多くはありません。そうしたときには、裁判所を活用することで解決の道へと進めることができるのです。

慰謝料請求できるケース

日本国民のすべては、民法709条によって「不法行為に基づく損害賠償請求権」を利用できるとされています。利用するにあたり何ら区別はありません。男女平等の観点から立場の違いは関係しません。男性でも女性でも慰謝料をもらうことができます。また、反対に払わないといけない場合があります。

配偶者に対して、有責配偶者が不法に侵害を与えてしまい、それが離婚原因として認められた場合において、配偶者から慰謝料請求されれば支払わなければならないのです。

しかし、離婚前提で話しが進んでいても慰謝料請求できるケースと慰謝料請求できないケースがあります。その場合は裁判所の指示に従うしかありません。仮に、裁判所が慰謝料請求は認めないと下せば、凄腕の弁護士に委任されたとしても慰謝料を受け取るのは無理です。要するに、裁判所の判断次第となります。

それでは、慰謝料請求できるケースを見てみましょう。

●「貞操義務」違反

●DVやモラハラ

●民法第752条

●民法第770条

●時効


慰謝料請求できないケース

上記の離婚原因に当てはまり、慰謝料を請求できる権利があったとしても、慰謝料請求できないケースもあります。それは″時効″です。

事件などでも時効があるように、慰謝料請求にも法律上では時効が定められています。

「除斥期間」…慰謝料請求が可能な事件が起きたときから20年以内
「消滅時効」…慰謝料請求が可能な事件が起きた事実を知ってから3年以内

たとえば、不倫されていたことに気づかないまま20年を過ぎてしまうと「除斥期間」が適用されて慰謝料請求ができません。また、不倫に気づいていたのに3年以上放置してしまうと「消滅時効」が適用されます。

消滅時効については、民法724条において「損害および加害者を知ったとき」から進行すると定められています。引き延ばすことも可能ですが、手続きが難しいためできるかぎり自身の被害に気づいたときには速やかに慰謝料請求を行ったほうがよいでしょう。離婚の手続きを行う際、一緒に慰謝料についても話し合うのはこのためです。

しかし、速やかな請求が難しい場合は、法で定められた「除斥期間」と「消滅時効」が過ぎる前に慰謝料請求を行いましょう。

慰謝料請求でわからないことがありましたら、アスト探偵事務所までご相談ください。わたしの方で慰謝料請求についてアドバイスをさせていただきます。お気軽にお問い合わせください。


慰謝料請求の方法

慰謝料は、調停や裁判を利用して請求できます。さらにいえば、互いの話し合いで納得できればいいわけです。そうすれば、弁護士への依頼も不要になるわけです。

状況は様々ですので一概には言えませんが、相手が弁護士に委任した場合は、自身も弁護士に委任される方もおられます。

調停や裁判は、弁護士に委任しなくても問題はありません。弁護士費用がネックな方はご自身で慰謝料請求されればいいのです。

●話し合い

●合意書を交わす

●調停の利用

●自分でやれば費用はかからない

慰謝料請求について疑問や不安な点がわかり、今までより少しは探偵事務所に抵抗がなくなったのではないでしょうか?

これからも読者の皆様にとって、読みやすいブログにしてまいりますので、ぜひまた、アスト探偵事務所のブログにのぞきに来てくださいね!

今後ともよろしく

お願いします。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。


参考資料


お役立ち情報を

発信してます

6de70b5c929dd663ac23fd261b58addf 1

さらに、

GPS無料貸し出し中

👦5万円はお得👧

感染予防対策:来店不要 契約不要


アスト探偵事務所

92677d139d4a69ec4f45696b0fd5c592

所在地 〒540-0025 大阪市中央区徳井町2-2-14徳井ビル303

電話番号 06-6809-5214

FAX番号 06-6809-5216

フリーダイヤル 0120-044-322

メール info@astotantei.com

公安委員会 第62130955号

コメント

👦3時間無料お試し👧はコチラ
👦3時間無料お試し👧はコチラ
👦3時間無料お試し👧はコチラ
👦3時間無料お試し👧はコチラ
タイトルとURLをコピーしました